MUSIC AVENUEレッスン規約

 

この「MUSIC AVENUEレッスン規約」(以下、「本レッスン規約」といいます。)は、「MUSIC AVENUE利用規約」に基づき一般財団法人ヤマハ音楽振興会(以下、「当会」といいます。)が運営・提供する、音楽レッスン(以下、「レッスン」といいます。)を受講いただくに当たっての注意事項等について定めています。レッスンのご受講に際しては、「MUSIC AVENUE 利用規約」に加え、予め本レッスン規約の内容をご確認いただき、これに同意のうえ、お申込み・受講いただきますよう、お願いいたします。

 

 

第1条(目的)

本レッスン規約は、レッスンの内容、受講条件、確認事項、注意事項等について定めています。本レッスン規約は、レッスンの受講に当たっての当会との契約として、これを申し込み、受講するすべての会員に適用されます。なお、本レッスン規約上の用語の定義は、本レッスン規約で新たに規定するものを除き、MUSIC AVENUE利用規約に定める通りとします。

 

第2条(細則等)

1. 当会は、各レッスンの提供に当たり、本レッスン規約とは別に、該当のレッスンのご案内ページや申込みページ上で個別の細則・注意事項等(以下、「レッスン細則」といい、本レッスン規約と総称して、以下、「レッスン規約等」といいます。)を定めることがあります。

2. 当会がレッスン細則を定めた場合、該当する個別の条件、注意事項等については、本レッスン規約とともに、該当のレッスン細則が適用されます。

3. レッスン規約等の定めとMUSIC AVENUE利用規約(レッスン規約等と総称して、以下、「本規約等」といいます。)の定めとの間に矛盾・抵触がある場合は、レッスン規約等の定めが優先して適用され、本レッスン規約の定めとレッスン細則の定めとの間に矛盾・抵触がある場合は、レッスン細則の定めが優先して適用されます。

 

第3条(同意)

1. レッスンの受講を申し込み、これを受講いただくためには、MUSIC AVENUE利用規約、ならびに本レッスン規約およびレッスン細則に同意していただく必要があります。なお、会員が当該レッスンの受講申込みをしたときは、MUSIC AVENUE利用規約、ならびに本レッスン規約およびレッスン細則に同意したものとみなします。

2. 未成年者は、レッスンの受講申込みに際し、事前に親権者等の法定代理人の同意を得るものとします。なお、未成年者がレッスンの受講を申し込んだときは、その法定代理人の同意を得ているものとみなします。

 

第4条(レッスン内容)

1. 当会が本規約等に基づき運営・提供するレッスンは、一定の指導期間を設けた音楽関連レッスン(以下、「定期レッスン」といいます。)、あるいは一回完結型の音楽関連レッスン(以下、「単発レッスン」といいます。)で、当会が指定する会場で実施するものと、オンラインで実施するもの(以下、「オンラインレッスン」といいます。)があります。

2. レッスンのテーマ、講師、内容、受講期間・日程、会場、クラス、システム、受講料、その他の詳細は、すべて当会が指定し、当該レッスンのご案内ページおよび申込みページでご案内します。

3. 当会は、当会独自の判断で、レッスンの講師、内容、日程等を変更する場合があります。変更内容については、電子メール、本サイト上での変更通知、その他適宜の方法でお知らせします。なお、当該変更に起因する会員の不利益について、当会は、当会に故意または重大な過失のある場合を除き、一切責任を負いません。

 

第5条(受講申込み)

1. レッスンの受講を希望する会員(以下、「受講希望者」といいます。)は、本サイトに掲示する手続きその他本規約等により当会が定める手続きに則って、当該レッスンの受講申込みをします(申込み手続き(次条第1項に定める当会の承諾通知を含みます。)の完了した受講希望者について、以下、「申込者」といいます。)。

2. 受講希望者は、申込みに際して当会が求める受講希望者の情報について、最新のものを正確に申告するものとします。

 

第6条(受講申込みの承諾等)

1. 当会が前条に基づく受講希望者の申込みを承諾する場合は、その旨電子メールで当該受講希望者に通知するものとし、当該通知の受講希望者への到達(当該電子メールが受講希望者のメールアドレスが割り当てられたメールサーバ中のメールボックスに読取可能な状態で記録されたときに到達し、通知が完了したものとみなします。)を以って、当該レッスンの受講に関する契約(以下、「レッスン受講契約」といいます。)が成立します。

2. レッスン受講契約の成立後、申込者は、次条第1項に定める受講料を支払うことにより、当該レッスンを受講することができます。

 

第7条(受講料)

1. 申込者は、レッスン毎に定められた受講料(以下、単に「受講料」といいます。)を支払います(受講料を支払い、かつ実際に当該レッスンを受講した申込者について、以下、「受講者」といいます。)。

2. 受講料のお支払い方法は、クレジットカード払いに限ります。

3. 定期レッスンの受講料のお支払いは毎月払とします(当月分の受講料は、前月の28日に決済されます。ただし、当該クレジットカード用の金融機関口座からの引き落とし日は、当該クレジットカード発行会社の定める通りとし、次項において同様です。)。

4. 単発レッスンの受講料のお支払いは即日払いとします。

5. 受講料をお支払いいただけない場合は、受講をお断りします。

6. 第12条に定める場合を除き、申込者/受講者が当該レッスンに遅刻(遅刻した場合、レッスンの運営上、当該レッスンの受講をお断りすることがあります。)または欠席した場合でも、受講料は一切返金されません。

7. 定期レッスンについては、月の途中から受講申込みをされた場合でも、当月1ヶ月分の受講料をお支払いいただきます。

8. 申込手続完了後、受講者都合で、レッスンを受講せず、あるいは当該レッスンを受講することなく定期レッスンに係るレッスン受講契約を中途解約した場合でも、受講料は一切返金されません。

9. 発表会費等、受講料と別途負担いただく費用が発生する場合は、その都度ご案内いたします。なお、楽器および楽譜等については、第9条第1項に定める通り、申込者/受講者の責任と負担でご準備いただきます(別途当会が提供する場合を除きます。)。

 

第8条(定期レッスン受講契約)

1. 定期レッスンに係るレッスン受講契約は、1 ヶ月単位の契約となり、1 ヶ月未満の契約はありません。

2. 定期レッスンに係るレッスン受講契約は、所定の締め日(毎月15日)を過ぎると自動的に更新されます。なお、受講者・当会双方に更新義務はありません。

3. 定期レッスンにおいてコースごとに定められた期間は指導期間であり、契約期間ではありません(コースにより指導期間に定めのないものもありますが、同様とさせていただきます。)。

 

第9条(準備)

1. レッスンで使用する楽器および楽譜等については、別途当会が提供する場合を除き、申込者/受講者ご自身の責任と負担でご準備ください。

2. オンラインレッスンのご受講に当たりご準備いただくものについては、お申込みレッスン詳細ページまたはヘルプ>「推奨環境について」ページをご確認ください。

3. 当会は、申込者/受講者が当該楽器、楽譜あるいは機器等を準備できなかったこと、あるいは申込者/受講者の利用環境に起因し、当該レッスンの受講に支障が生じたとしても、一切責任を負いません。

 

第10条(撮影等)

当会は、予め申込者/受講者に告知し、その同意を得たうえで、レッスンの模様(受講者の容貌等を含みます。)を撮影、または録音・録画し、これを当会および当会の関連会社の資料、媒体(本サイト、当会および当会の関連会社のホームページその他の関連媒体を含みます。)、あるいは商品、販売促進物等に利用することができます。

 

第11条(禁止事項)

1. 会員は、レッスンの受講申込み、およびその受講において、本規約等に定める禁止事項のほか、次の各号に掲げる行為をしてはなりません。

2. 会員が、前項各号に該当する行為、ないし本規約等に定める禁止行為をし、またはするおそれが認められるときは、当該会員について、直ちに会場から退出(オンラインレッスンにおける接続遮断を含みます。)していただき、以降のレッスンの受講をお断りするとともに、当会の判断で、MUSIC AVENUEおよび本会員サービスの強制退会処理をする場合があります。この場合において、当該会員が当会に支払った受講料その他の金員は、一切返還されません。

3. 会員が第1項各号に該当する行為をしたことにより当会または第三者に損害が生じたときは、これを賠償していただきます。なお、当会が当該第三者の損害を補償したときは、当該会員に対し、当該補償額を求償します。

4. 当該会員と第三者(他の会員を含みます。)との間で生じたトラブル等について、当会は一切の責任を負いません。

 

第12条(中止)

1. 当会の責に帰すべき事由(次項前段に定める事由を除きます。)により当該レッスンを実施できなくなったときは、当会は申込者に対し、その旨および振替日を電子メールおよび本サイトへの掲示を以ってご連絡します。なお、振替実施ができない場合または振替実施分を受講いただけない場合の受講料の返金については、その都度ご案内します。

2. 前項の定めにかかわらず、天災事変、感染症の蔓延その他の不可抗力(これによる交通機関の乱れを含みます。)、講師の傷病、レッスン会場・システムの運営上・機能上の問題その他やむを得ない事由が生じたときは、当会は、当会独自の判断で当該レッスンを中止することができます。この場合において、当該レッスンを中止する旨、および振替実施の有無・内容等は、別途電子メール、本サイトへの掲示、会場でのアナウンス、その他適宜の方法でご案内します。なお、振替実施ができない場合または振替実施分を受講いただけない場合の受講料の返金についても、その都度ご案内します。

3. 災害等発生時には、会場スタッフや講師の指示に従って行動してください。

4. 特に次の各号に該当する場合、当会は、レッスンの行き帰りを含めた申込者・受講者および講師の安全確保を第一に、当該レッスンの実施・続行の可否を判断したうえ、その詳細について、申込者・受講者に対し、電子メール、本サイトへの掲示、会場でのアナウンス、その他適宜の方法で速やかにお伝えします。なお、災害復旧状況や交通機関の運行状況の確認、その他安全の確保のため、当該レッスンの中止の解除ないし再開に時間を要することがあります。予めご了承ください。

 

第13条(遅刻・欠席)

遅刻または欠席する場合は、予め当会指定の連絡先までご連絡ください。

 

第14条(解約/解除)

1. 定期レッスン受講期間中に申込者/受講者の都合で当該レッスン受講契約を解約する場合は、次の各号に定める通りお申し出ください。

2. 受講料お支払い後のキャンセルはお受けできません。ご了承ください。前項第2号に定める期日を経過した場合の翌月1ヶ月分の受講料についても同様です。

3. 申込者/受講者が次の各号に該当するときは、当会は当会独自の判断で、当該レッスン受講契約を解除することができます。

 

第15条(不保証)

1. 当会は、受講者がレッスンの内容を完全に理解し、習得し、あるいは当該内容が受講者の興味・関心等に一致することを保証するものではありません。

2. 当会は、レッスンの正確性、完全性、最新性、安全性を保証するものではありません。

 

第16条(免責)

1. 当会は、当会に故意または重大な過失のある場合を除き、レッスンに起因または関連して会員に生じた損害について、一切責任を負いません。

2. 当会は、本サービス利用時にコンピュータウイルス感染等によって会員に発生したコンピュータ・回線・ソフトウェア等に係る一切の損害、あるいは本サービスに使用するプログラム、ソフトウェアおよび配信ファイル等の利用により、レッスン中またはレッスン外で会員に発生した一切の損害について、賠償する責任を負いません。

3. 当会は、会員の受講申込み、もしくは実際の受講に際して、会員間、または会員と第三者との間で生じた紛争について、一切の責任・関係を持ちません。

4. 本レッスン規約が消費者契約法(平成12年法律第61号)第2条第3項に定める「消費者契約」に該当する場合は、本レッスン規約のうち、当会の損害賠償責任を完全に免除する規定、および当会に故意または重大な過失のある場合にその責任の一部を免除する規定は、適用されません。この場合において、会員に生じた損害が当会の債務不履行または不法行為に基づくときは、当会は、当会に故意または重大な過失のある場合を除き、当該損害のうち、現実に生じた通常かつ直接の損害に限り、会員が当会に支払った1ヶ月分(単発レッスンの場合は1回分)の受講料を上限として、賠償する責任を負います。

 

第17条(知的財産権等)

1. レッスンで使用等する、楽曲、教材、ならびに商標、文章、図形、デザイン、画像、映像、影像、データ、ファイル、コンピュータ・プログラム、その他のコンテンツに係る著作物・著作権、その他の知的財産(権)を含む一切の権利・利益、物、情報、コンテンツは、すべて当会または当会の指定する権利者に帰属し、特許法、意匠法、商標法、著作権法、不正競争防止法等の法令により保護されています。

2. 会員は、前項に定める権利・利益、物、情報、コンテンツを、当該レッスンの受講に限って使用するものとし、当該会員個人の私的利用によるものを除き、いかなる範囲においても、レッスン受講以外の目的・用途で使用(私的複製等の著作権法で定められている権利制限の範囲を超えるもの、送信、譲渡、頒布、貸与、翻案、修正、改変、二次使用等を含みますが、これらに限られません。)してはなりません。

3. 前二項に定める場合のほか、会員が自ら準備した楽譜等については、著作権法等の法令の定めに従ってご利用ください。

 

第18条(規定外事項)

本レッスン規約に定めのない事項については、すべてMUSIC AVENUE利用規約およびレッスン細則に定める通りとします。

 

(全18条)

 

2021年 3月23日 改定

2021年11月24日 改定

2022年 3月31日 改定